相続対策

相続対策は一般的に良く言われているのは
①分割対策
②納税資金準備対策
③節税対策、の3本柱です。
また始まったばかりの「家族信託」もこれからの活用が期待されます。

分割対策

相続対策で、まず考えなければならないことは「分割」対策です。 相続人に対し、平等ではなく「公平」に財産を分ける事が大切です。 被相続人の意思を、相続人の皆さんにスムーズに伝える方法として 遺言書を書かれる方も近年増えております。

納税資金準備対策

次に考えなけれならないのは「相続発生時に必要な費用をいかに準備するか」ということです。 事前準備をせず、いざ相続が発生してしまうと、土地・建物はあるが 現金がないために売りたくない土地まで売って現金を準備しなくてはならないこともあります。 相続発生までに、しっかりと必要な費用を計算し贈与や生命保険等をうまく利用して 事前準備を行いましょう。

節税対策

最後に考えるのが「節税対策」です。いかにして納税額を下げるのかを考えます。 よく、マンションやアパートの建築が良い対策方法として話しがでますが、 ただ気をつけなければならないのは 何も考えずにただ建物を建てさえすれば良いと思い、建ててしまうと大変です。 まずはどのようにして全体の資産を誰にどれだけ渡すのかを考え、 その上でマンション等を建てないと節税にはなったが、いざ相続が発生すると 分割できず、結局、売却という事にもつながってしまいます。 そのため全体の資産を見て、分割を考えた上で、節税対策を考える必要があります。

家族信託

最近良く話題で上がるのがこの家族信託です。 近年までは成年後見制度が利用するケースが主流でしたが、これからは民事信託である「家族信託」を 使うことにより収入は今まで通り父(母)に入り、運営や処分は委託を受けた息子さん等が行えるという方法です。 まだ始まったばかりの制度ですのでこれから活用していく事になりますが ひとつの方法として使ってみても良いかと思います。

弊社では、提携しております税理士と共に、相続対策等のオーナー様のお悩み相談をお受けしております。
また、司法書士・弁護士等とのネットワークもございますので、お気軽にご相談くださいませ。

お気軽にご相談・お問い合わせくださいお問い合わせはこちら

住宅・マンション・土地のご相談はトヨミツへ
有限会社トヨミツ

TEL 076-255-2561